神社の組織

神社の組織

崇敬会

千勝神社には、地域に限定された組織である氏子制度はなく、その代わりに全国規模の信者の会である崇敬会がございます。世界平和発祥の御社、真の信仰者を育てる御社、心の拠り所の御社となるべく、その崇敬会の輪を全国に広げつつあります。
崇敬会の目的は、皆で力を合わせて大神様への信仰を深め、御神教を波及させることにあります。また、崇敬会の理念と方針を理解し、人間性と魂を磨き高め、己を成長させることにあります。
そのために地域別の支部や班を組織し、奉仕活動や勉強会、親睦会など様々な活動を行っております。崇敬会員は、居住地の各支部・班に所属することになります。各支部は以下の通りです。

この活動が発展し、真の信仰を持つ人々が増えることが大神様の願いであり、世界平和実現への礎となります。
また、毎日の朝拝の際に、神主が安全祈願詞を奏上し、崇敬会員一人一人の名前を読み上げ、その日の安全を祈願しております。

入会の条件は、

  • 当神社の御祭神、千勝大神様を信じ、その御神教を日々守り実行できる方。
  • 崇敬会の理念と方針を理解し、日常生活及び社会活動(仕事・地域活動など)をすること。
  • 神社の月次祭やその他の祭典に積極的に参列出来る方。
  • 崇敬会活動である支部会に、積極的に参加できる方。

崇敬会へのご入会についての詳細は、社務所までお問合せください。

《崇敬会理念》
千勝大神の御神教(みおしえ)を 実践し、波及し、相伝する

《崇敬会方針》
御神教の、より深く正しい理解に努める。
信仰者としての、人間性(心・魂)を磨き高める。
悩み苦しむ人人を、真の信仰に導く。

《支部》
北海道支部、茨城支部、東京東支部、東京西支部、千葉中央支部、千葉北支部、埼玉支部、神奈川支部、新潟支部

青年部

青年部は、大神様の御神教を尊重し、自己の成長を試みようとする若者を中心に組織されています。元々は、崇敬会の下部組織として発足しましたが、現在は独立した組織となり、神社の夏祭りの運営をはじめ、各種リクリエーション活動を行っております。
近年、日本の社会において、「命の尊さ」や「思いやり」「感謝」など、本来成長してゆく過程で、当たり前に自ずと身に付けることも、持ち合わせていないの が現状です。

また、若者が夢や理想をもって、情熱的に生きることが難しくなってきています。子供たちの間では、いじめや登校拒否などが問題になり、大人に なれば縦割り社会のなかで、交際範囲は同業や同僚という同じ価値観を持つ人間同士に限られ、視野は狭くなる一方です。

そればかりか、生きる指針さえ得られ ない人たちが大勢います。ここには、様々な価値観の人が集い、情報を交換し、協力し、励まし合える場となっております。

入部に関しては、その発足趣旨に沿って間口を広く一般に開放しており、御神教を尊重できる方ならば、崇敬会員や信者でない方でも入部ができます。詳細は社務所までお問合せください。

敬神婦人会

敬神婦人会は、女性崇敬者の方々が中心となって組織されました。女性ならでは気遣いや細やかな視点を持って、神社祭礼行事の際に参加者の方々をサポートする役割を担って頂いています。また、夏まつりの盆踊りや舞踊の披露、境内でのバザーや、ミニカフェなど様々な活動を積極的に行っており、年々その輪が広がっていま。

Return Top