御祈祷について

御祈祷とは

厄除け、交通安全などの各種の願い事や、毎年の家内安全、社内安泰などの願い事がある場合や神棚にお祀りする御霊代を新たにする時などに御受けいただくものです。
拝殿にご昇殿いただき、ご神前で神主がお祓いをした後に祝詞を奏上し、皆様の願い事をご祈願いたします。

御祈祷の受付について

■時間制
9:30/10:30/11:30/※12:30(土・日・祝日のみ)/13:30/14:30/15:30/16:30
※祭礼日などは、御祈祷中止の時間帯がございます。御祈祷申込みフォームにてご確認下さい。

■申込方法
下の御祈祷申込みフォームより、ご希望の日時を選択してお申込み下さい。
※御祈祷申込みフォームは、2日前の15時までお申込みが可能で、それ以降は当日申込となります。

※当日申込の方は、開始時間30分前には社務所受付にお越し頂き、申込用紙にご記入の上、お申込み下さい。
※土・日・祝日は受付が混み合う場合がございますので、事前に以下のお申込み用紙を印刷、ご記入の上お持ち頂く事をお勧め致します。
一般祈祷用申込用紙
交通安全専用申込用紙
※団体参拝(会社、学校、その他)は、社務所までお問い合わせ下さい。
※七五三詣 :11月中のみ(11月1日~30日まで)、お受けしております。

■御祈祷をお受けいただく際のご注意

【服装に関するご注意】
御祈祷は、神様の御前である拝殿(はいでん)にて行う正式な「神事」であり「神様へのお願い事」です。よって、当神社では、御祈祷のお申込みは、神様に対して失礼のない身なり・服装の方に限定させて頂いております。服装の目安としては、一般常識的に「目上の人の家を訪問するにふさわしい服装(よそ行きの服装)」とお考え下さい。御祈祷をお受けになるご本人様が以下の身なり・服装、それに準ずると判断した場合は、御祈祷の申込みをお受けできません。また、御付き添いの方の場合は、御祈祷に参列出来ませんので待合室でお待ちいただきます。

◎酒気帯び ◎素足 ◎スウェット、ジャージ類 ◎ウィンドブレーカー上下(シャカシャカウエア・パンツ)◎制服でない作業服類 ◎ノースリーブ、ランニング類 ◎短パン、バミューダ類 ◎男性の、くるぶしの見えるズボン ◎ダメージジーンズ など

  • スポーツ系の団体参拝の場合の服装については、社務所までお問い合わせ下さい。
  • 冬場でも、原則、御祈祷中はジャンパー・コート・マフラー・防寒具などはお脱ぎ頂くため、内側の服装が薄着で寒くならないようご注意下さい。(ご高齢の方、小さいお子様には配慮致します。)

※御祈祷は祭礼時の特別祈祷を除き、原則的にご本人様かそのお身内・代理の方にお越しいただき、終了後に御祈祷札をお持ち帰り頂きます。ご郵送は致しておりません。

御祈祷の流れ

1.申込書の記入
当日お申込みの方は、社務所前の机にて、御祈祷申込用紙に願意・氏名・住所など必要事項をご記入下さい。

2.受付け
社務所受付担当に、御祈祷申込用紙をお渡し頂き、御祈祷料をお納め下さい。

3.御祈祷カード
受付時に、御祈祷カードをお渡し致します。同じ色のカードをお持ちの皆さまご一緒に御祈祷をお受けいただきます。

4.待合室
開始時間まで、参集殿待合室にてお待ちいただきます。

5.ご案内
カードの色でお呼び致しますので、御付き添いの皆様ご一緒にお集まりいただき、拝殿までご案内いたします。

6.御祈祷
ご神前にて神主が祓い詞を奏上し、ご参列の皆様を御祓い致します。続いて、祈願詞を奏上致します。願い主ご本人様のお名前を読み上げ、御祈願致します。

7.玉串拝礼
願い主ご本人様、または代理の方が玉串をお受けいただき、ご神前に玉串を捧げご祈願下さい。
※現在コロナ感染防止のため、玉串を用いる拝礼を中止しております。

5.御神酒授与
御祈祷終了後は、御神酒をお受けください(ご本人様のみ)。お車を運転される方は、御神水となります。
※現在、コロナ感染予防のため中止しております。

9.御神札授与
拝殿又は御札授与所にて御札をお受けになりお帰り下さい。

Return Top